カテゴリー
土曜

援デリ

援交からセフレに進展する割り切りの方法
 援デリっていうのも、結局はいろいろあるんじゃないかなって気持ちになっているこの頃です。
僕が経験したのは、交渉して値引きこそ無理だったのですが、1時間半のお付き合い、エッチ回数は無制限でOKの取り決められました。

 僕、25歳。
東海地方で生活している、お気楽サラリーマンです。
彼女と別れて半年。
この間、風俗にも行かずエッチしていないため、究極ムラムラ状態でした。
手っ取り早くアポできる相手が欲しい。
交渉無しで、ホテルに入ってくれる女の子と知り合いたい。
そこで援デリ覚悟でも良いかな?という気持ちになっていました。

 出会い系で即会いできるのって、基本援デリですよね。
今から直ぐの女の子に声をかけてみました。
もちろん写メも送ってもらいました。
「写メと違う女の子が来たら、キャンセルしてもいい?」
「今まで、キャンセルされたことないんだけどね。嫌なら、もちろんいいよ」
「無料通話アプリはダメ?」
「フリメしかダメ」
ガチな援デリだろうと思ったモノの、とりあえず別2の約束で待ち合わせ場所に出かけました。

 熱田駅で会うことになったのですが、ほぼ写メとおんなじ子が来ました。
お世辞にも可愛いとは言えないけど、ブスってほどでもありませんでした。
「タイプじゃないから、イチゴにまけてよ」
「それは絶対できない」
「なら、ちょっと長めに相手してくんない?」
「どのぐらい?」
「1時間半とか」
「分かった」
こうして、時間的なゆとりを持たせて、エッチさせてもらうことになりました。

 ギャル曽根顔の援デリは、愛想こそ良くはないのですが、それでも普通のセックスを味あわせてくれました。
まあフェラも丁寧にやってくれたし、体も触らせてくれたし。
世間話もできたりして。
何だか、得をした気分になっていました。
「ゴム無しはダメ?」
「平気だよ」
心の中で、万歳三唱。
生チンコ突っ込んじゃって、ガンガンと突きまくっていきました。
とりあえず、アヘ声も出してくれて一安心。
休憩挟んで2発目も、味わえたんですから。
この援デリとの出会いは、決して悪い部類ではありませんでした。
Twitterでホ別
お金欲しい掲示板